最終更新日:2014/10/7

輝かしいスタイリストの経験

美容業界の中では美容師の事をスタイリストと言います。
出来る技術によってそれぞれ呼び方が違うのです。
例えばシャンプーやカラーをしてくれるスタッフの事はアシスタントと言います。
サロンによっては技術内容が違ってくるので、覚える事はお店によって違います。
カット、カラー、パーマ、エクステなど全ての技術を身につけて何年も経験を積んで初めてスタイリストと呼ばれる地位につく事が出来ます。
全ての技術が出来ても、年数や数をこなさないとジュニアという呼び方が付きます。
本当に美容師の世界はシビアなので、向上心のある人が上にいけます。
それに、世間のトレンドや流行りは目まぐるしく変わっていくので、常に最新の技術を身につけなくてはなりません。
講習会など、開かれるイベントにも積極的に出た方が良いと言えるでしょう。
お給料は決して良いとは言えない職業ですが、とてもやりがいがあります。
自分の手で人を綺麗にして、センスを最大限に発揮する事がこの仕事の一番の魅力なので、お金に変えられないものがありますね。

美容室の仕事の中身って?

美容室の仕事とはいったいどのような内容なのか知っていますか?これから美容室への就職を目指す学生の方に必見です。まず、美容室は掃除にはじまり掃除に終わると言っても過言ではありません。その中身もお店の周辺の外回りから、店内はお客様が座るセット面といわれる場所、待合スペース、シャンプー台、バックスペース、消毒室、床掃除等様々です。特に新人美容師にとっては掃除は大切な仕事で、鏡等は曇りが無いこと、セット面には毛が落ちていないこと等細かい気配りが要求されます。次に洗濯も大切な仕事です。一日にたくさんのタオルや、クロスと呼ばれる水をはじく素材の生地でできたものまで様々なものを洗濯します。洗濯後に干して、乾いたものをたたみ所定の場所に片付けるのも仕事です。そして、新人は練習も仕事のうちです。最初は一般的にシャンプーレッスンにはじまり、カラーレッスン、パーマレッスンと平行してカットレッスンと一通りの技術を習得しなければなりません。学校で習うのは国家試験に合格するための手技であるため、また就職先毎にそのお店独自のものを学ばなければならないのです。このようにして日々のトレーニングのすえに、ようやくお客様を担当することになると、またそれも仕事となるのです。このようにして、日々トレーニングを行いながら掃除や洗濯も行い、トレーニングの結果をテストされ一つずつステップアップしていくことを含めて、すべてが仕事ですが、お客様の喜びをじかに味わえるのがこの仕事の良いことでもあります。

Valuable information

東京都のペットちゃんのお葬式は訪問ペット火葬へお任せください。

ペット火葬を東京でする

日本の不動産投資情報をご紹介

日本不動産

ワーホリを考える方の為の無料サポートエージェントです。

ワーキングホリデー オーストラリア

車検は、道路運送車輌法で定められた自動車検査制度です。

ベンツ 車検

1人ひとりきめ細やかに指導を行います

幼稚園受験

最終更新日:2015/7/30